Watanabe Orthodontic Clinic 渡辺矯正歯科
トップ
診療案内
プロフィール
院内紹介
矯正治療について
よくある質問
院長日誌
リンク集
診療日カレンダー
よくある質問
子供の矯正について何歳くらいで、相談したらよいのでしょうか?
  上下のあごの骨のバランスが悪い場合、特に受け口や下のあごが左右に曲がっている場合、乳歯列でも矯正治療することがあります。また指しゃぶりなどの悪い癖によって起こる不正咬合の場合にも、できるだけ早く原因を取り除くために治療することがあります。症状によって、治療開始時期が違いますので、少しでもおかしいなと思ったら、なるべく早くご相談されることをおすすめします。
矯正治療は大人になってからもできますか?
  もちろん大人でも矯正治療は可能です。最近は成人でも矯正治療を行う人が増加しています。
年齢に制限はないですが、成長期にあるお子様は成長・発育を利用しながら治療を進行することができるので、条件が大人より有利になります。
治療期間はどの程度かかりますか?
  治療期間につきましては、個人差がありますが、装置を付けている期間は、全体的な治療では1年半〜2年半位かかります。また歯を動かしたあとに、歯を保定する期間が1年半〜2年程かかります。
子供の受け口や出っ歯の場合には、第1段階の治療(上下のあごのバランスを整える)と第2段階の治療(永久歯の歯並びでの仕上げ)に分けて行うこともあります。 一生の大事な自分の歯です。人生スケールでみれば、少しの期間です。治療中も楽しく過ごしましょう。
目立たない矯正装置はありますか?
  歯に近い色の装置や、歯の裏側からの装置を用いておりますのであまり目立たずに歯並びの治療を受けていただくことができます。
歯ならびを治すために、歯を抜くことがありますか?
  当医院では歯を後ろにずらす、あごを広げるなどの装置を使って出来るだけ歯を抜かずに矯正治療を行っています。しかし、それでも治療のために永久歯を抜かなければならない場合もあります。
歯の大きさと、あごの骨の大きさのバランスがふつりあいな場合、そのままの歯の数では、どうしても良い咬み合せや、調和のとれた顔かたちを得ることができません。
歯の数が多いよりも、少なくても良好な状態である方が、残った歯によって形成される咬み合わせは機能と審美性をより高めることが出来ますし、抜いたところの隙間が残ることもありませんのでご安心下さい。
歯を抜くことに抵抗感をもたれるかもしれませんが、十分な機能を発揮でき、また、きれいな口もとを得るには、抜歯が必要となる場合があることをご理解下さい。また、乳歯から永久歯に代わる頃やあごの成長が旺盛な時期に治療を開始すれば、歯を抜かずに治療する可能性も高くなります。
治療費はどれくらいかかりますか?
  原則として、一般の矯正治療には健康保険は適用されず、自費料金となります。
矯正治療によってきれいな歯並びと咬み合わせを獲得し、一生涯自分の歯で咬めるように努めることを考えますと、決して高い治療費ではないと考えております。矯正治療の内容は患者さんによって異なりますので、治療費も若干異なります。初診相談は無料ですので、まずはご予約、ご来院ください。
治療費に関しては分割払い(無利子)やローンも可能ですのでご相談下さい。
よく歯が痛いと聞きますが、どの程度の痛みなのですか?
  矯正装置をいれると2、3日歯が浮いたような感じになり、食事の時に物を咬むと痛みを感じますが、ほとんど数日で治まります。 どうしても痛みが気になる場合は 先生にご相談ください。
取り外しの出来る装置で治療が出来ると聞いたのですが?
  主に歯やあごの骨の成長段階にあるお子様に使っていただきます。あごの骨が成長してしまった成人の矯正治療にはあまり使用されません。目立たない矯正装置等もございますので具体的なご希望をお教え下さい。
できるかぎりご希望に添えるような治療をいたします。
食事や歯みがきは、普通と同じでよいのでしょうか?
  矯正装置によっても多少の違いはありますが、普通の食事であれば問題はありません。
しかし、固い食べ物や粘着性のあるガムやキャラメルなどは、装置を壊す原因にもなりますのでできるだけ避けて下さい。装置をつけているので、歯磨きにはより時間をかけて丁寧に歯磨きをしていただく必要があります。専用の歯ブラシなどを用いるなど、歯磨きの仕方を指導させていただきます。
pagetop
Copyright (C) 2007 Watanabe Orthodontic Clinic. All Rights Reserved.